春日井市 中日新聞販売店 鳥居松専売所

朝刊、夕刊、中日スポーツ、日本経済新聞も販売中!

*

プランタン平成24年7月15日号  ◆1点を守りきって勝つ~東部中学校野球部◆

   

中学3年生にとって、夏休みまでが部活に打ち込める時期。
頑張っている生徒さんたちを訪ねました。

【中日少年野球3位に】
 東部中学校野球部は1年生11人、2年生12人、3年生16人がメンバーです。3年生はバッテリーが中心で、チャンスを作り、ヒット1本で点をつなぎます。「エースの加藤宏清君を中心に、1点を守り切って勝つチームです」と佐藤司キャプテン。3月の全日本少年野球大会では市3位。5月の中日少年野球中等部でも3位に輝きました。

【野球の神様が見ている】
 顧問は須志田勇介先生と市川稔先生です。須志田先生は東部中出身。小学校で野球を始め、中学時代はクラブチームに所属。大学までずっと野球を続けていました。自分の経験から「野球ができることに感謝しよう。周りの支えがあるおかげ。道具やグラウンドも大切に」と教え「野球の神様が努力する姿を見てくれている」とも話します。そんな須志田先生と明るく面白い市川先生を、生徒たちはとても尊敬しています。

【最後の夏に向けた抱負】
 練習はまずランニングから。特にピッチャーは外周を20周して足腰を鍛えます。心がけているのは、自分たちに足りないところを補うこと。毎回その日のチームの課題を決めて練習しています。中学校最後の夏を前に佐藤キャプテンは「部活のできる時間はあと少しなので、このチームで一滴でも多く汗を流したい」。吉戸大悟副キャプテンは「試合のあとで一つでも笑っていられるように、一生懸命頑張りたい」。松浦杜史副キャプテンは「一試合でも多く勝てるように、気合を入れて頑張りたい」と抱負を語ってくれました。

 - ミニコミ紙「プランタン」